150923_800

ゲストハウスで起こったトラブル:パーティピーポーエザワがやってきた話

こんばんわエアログライター・るっていです。

シルバーウィーク最終日の夜ということで、明日からの生活に全くやる気がでません。
しかしそれは日本全国のみなさんも同じでしょう。

というわけで今回はAirbnb(エアビーアンドビー)の話からは少し脱線しますが、僕がゲストハウスで働いていた時の話をしたいと思います。

 

1本の電話

僕は学生の頃ゲストハウスでアルバイトをしていました。
その時の経験が今のAirbnbでの外国人への対応の仕方や、マネタイズに役立ってる訳です。

僕の働いていたゲストハウスは1日を1人のスタッフで回すので、前日に入っていたスタッフは仕事やお客さんの状況をノートにまとめて翌日の引き継ぎます。

その日のノートを見ると、前日入っていたスタッフから、

「エザワさん(仮)という日本生まれのアメリカ人バックパッカーが泊まりに来てます。」
「日本語は少しだけ話せるみたいですがとにかくパーティーピーポーです。気をつけてください。昨夜もリビングで夜遅くまで飲んで騒いでたみたいです。」

と書かれていました。

その時は「ふーんそんな人が泊まってるんだ」くらいに思ってました。
それから仕事をしていると、1本の電話がかかってきました。
予約の電話だと思い出てみると

 

「警察署です」

と。

 

え、なんで!?!?

 

警「お宅のゲストハウスに宿泊されていた『エザワさん』という方をこちらで保護しております。」

警「パスポートを取りに伺わせていただきます。」

る「エザワさん何をされたんですか!?」

警「プライバシーなので電話ではお答えすることができません。」

警「後でお伺いさせてもらった際にお伝えします。」

 

僕の頭の中で不安がよぎりました。

エザワさん、ベロベロになってタクシーの運ちゃん殴った・・・?

てゆうか誰か殺した・・・?

このゲストハウスニュースになって閉店・・・?

 

とりあえず他の泊まってるゲストから話を聞くと、

「始めは5人くらいで居酒屋に行き、そのあとクラブに行って遊んだ。」

「眠かったし途中で帰ってきたけど、エザワさんとフランス人の女の子はそのままクラブに残ってたよ。」

とのこと。

 

とりあえずオーナーに電話しよう!
数々の修羅場をくぐり抜けてきたオーナーなら駆けつけて解決してくれるはず!

る「もしもしオーナー!実は今カクカクシカジカで・・・、どうしたらいいですか?」

オ「僕今高野山いるんだよね。任せた☆その状況ならたぶん大丈夫!」

 

 

うぉい!!!!!!!!!!!!!!!

 

ということで警察の方々が到着しました。

 

一体彼は何をしたのか

警察の方々(2人)が到着し、エザワさんが宿泊していた10人相部屋に案内しました。
そうしてパスポートを回収しました。

る「あの〜ちなみに、エザワさんって一体何をされたんですか・・・?」

暴行?
殺害?

僕は最悪の答えが来ても耐えられる心の準備はしていました。

 

警「えーっと裸でいるところを保護しました。」

る「え、誰か、人を殺したんじゃないんですか!?」

警「公然猥褻罪です。」

 

ベロベロで裸なってパクられたんかい!!!!

 

そして僕はもう1つ重要なことに気づきました。
そのエザワさんと一緒にクラブにいたというフランス人の女の子も戻ってないということに。

る「あのーもしかしてフランス人の女の子も・・・?」

警「はい、公然猥褻です。」

 

 

なんで外でチョメチョメしとんねん!!!!!

 

 

こうしてエザワとフランス人は1日留置所で保護されることなりました。
僕の心配は一体なんだったのだろか。

 

翌日戻ってきた彼らは

次の日の朝、留置所で1日を過ごしたエザワとフランス人の女の子が帰って来ました。

一体どんな反応しながら帰ってくるのかと思っていたら、
なんというか、少し2人は恥じらいながら「てへへ」という感じで帰ってきました。

僕も前日はいらぬ心配無駄に増えた雑務(警察に提出する書類など)で疲れましたが、そんな彼らを見たらかける言葉が何故か見つからず、最終的に

「時代が悪いんだ。お前らは悪くない。」とか言ってましたからね。

そして2人はこの事件を通して交際することに。
ゲストハウスでカップルが誕生した。

その日2人は一緒に旅に出ると言い、仲良くチェックアウトしていきました。

 

後日談

そんなパーティーピーポーエザワ事件も忘れ数ヶ月経ったある日、僕はテレビを見ながらテスト勉強していました。

その時見ていた番組は「Y◯Uは何しに日本へ」
日本に来た外国人観光客を取り上げる人気番組である。

いつもの様に成田空港にいる外国人観光客に取材をしている様子が流されてました。

すると何か見たことあるような2人組が・・・。

0801

 

出てた。

 

0810

 

エザワとフランス人である。

 

0806

0802

0811

 

おい、エザワよ、お前何を言おうとしている。

 

0812

 

てめーアメリカ人なのによくそんなこと知ってんな!

 

0804

*スタッフもエザワもノリノリである

0805

 

おい、まさかエザワやめろ・・・。

 

0807

 

これNHKじゃなくてもテレビだぞ!やめろーーーーーーーーー!!!!

 

0809

0808

 

 

*そりゃそうです。

 

 

まとめ

やっぱり思うのが日本にずっと住んでると「当たり前のことが当たり前に」感じるんですね。
大体の生活が予想できるというか。

こうやってゲストハウスにしろ、Airbnbにしろ、外国人の方と触れ合うことで
日本で普通に生活していては体験できないような珍事やおもしろい経験ができると思います。

最近刺激が足りない、つまらないという方は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

〜完〜

0803

 

*この記事はAirbnbを利用しているゲストが、事件やトラブルを起こすということを指摘も助長もしておりません。
 Airbnbホストは宿泊するゲストをIDやFacebookを事前に確認して精査し、トラブルのリスクを防ぐことできます。

 

トラブルを減らすための事前準備をしっかり行い、Airbnbライフを楽しみましょう。

 

 

この記事を読んだ人は下記の関連記事も読んでいます

旅先と目標を決めたらそれを叶えてくれるAirbnbゲストを引き寄せた

旅先と目標を決めたらそれを叶えてくれるAirbnbゲストを引き寄せた Airbnb(エアビーアンドビー)楽しんでま...

こんにちわ。 Airbnb(エアビーアンドビー)での交流体験を発信してます。エアログのるってぃです。 みなさんA...

宿泊だけじゃない!Airbnbはパーティー利用でも楽しめる

人気記事 ・テレビで民泊の民泊の現状を伝えました。日本はかなりヤバいと思います ・Airbnbコンサルするので代わり...

民泊の魅力を伝えるために日本人にAirbnbを体験してもらった

人気記事 ・テレビで民泊の民泊の現状を伝えました。日本はかなりヤバいと思います ・Airbnbコンサルするので代わり...

Airbnb使えば可愛い外国人とデートできるんだぜ(ドヤ顔)

人気記事 ・それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ ・Airbnbコンサル...



  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: , ↑上に戻る