【最新版】Airbnbホストを始めるのに必要な家具・家電9選+その他

Airbnb(エアービーアンドビー)に関する情報を配信しております、エアログです。

今回はAirbnb運営を始めるのに必要なものとして、必要な家具・家電を紹介していきます。

これまでAirbnbで外国人観光客(ゲスト)を500組以上宿泊させてみて、特に「こだわるべき部分」「必須なもの」にスポットを当てて紹介しようと思います。

Airbnbホスト登録がまだの方はこちらから。11000円分のクーポンがもらえます。

Airbnbに必要な家具・家電①寝具(ベッド・布団・枕)

0701

宿泊場所を提供する以上、寝具は重要な要素の1つです。
特に外国人の方はベッドへのこだわりが非常に強い傾向にあります。

私自身海外での生活の経験があり、外人の友人の部屋に遊びに行ったりしたのですが、部屋の大部分をベッドが占めています。
よく海外のドラマや映画で出てくるような部屋のイメージそのものです。
もちろんリスティングしている部屋の大きさによりますが、ベッドはダブルサイズ以上のものが喜ばれます。

枕も1つではなく複数個用意しましょう。

また物件の可能宿泊人数に合わせて予備のシングルサイズの布団を用意しておく必要も。収納スペースがあれば置いておきましょう。冬は毛布もあればベター。

また大型のソファは布団を上に置けば、ベッド代わりにもなるので便利です。
寝具にお金をかけることで高評価のレビューに繋がり、更なる収益増加に繋がります。

Airbnbに必要な家具・家電②洗濯機・乾燥機

0702

連泊するゲストにとって洗濯機は必需品です。

最低限の衣類しか持ってこないので、それらを洗濯して回していかないと着るものがないですからね。
日本語が読めないゲストのためにもしっかりと英語での説明書を作っておきましょう。

またここで問題となってくるのが乾燥機を導入するか否かです。
実際数々のゲストを泊めてきて「乾燥機はないの?」と聞かれた経験が多々あります。
乾燥機はついてるに越したことはないのですが、乾燥機付きの洗濯機ともなると10万円ほどのコストがかかってしまいます。

導入しない場合は近所のコインランドリーを紹介してあげましょう。

2017年2月追記:洗濯機・乾燥機はゲストというよりもAirbnbホストにとってあれば便利!

洗濯機や乾燥機の設置はAirbnbゲストにも喜ばれますが、あると助かるのはホストさんのほうです。
理由はリスティングに洗濯機があれば、チェックアウト後のシーツやタオルの洗濯がそのままできるからです。

掃除機をかけている間に洗濯機を回し、乾燥機があればそのまま乾燥もできるので、大変便利です。
コインランドリーの往復は手間も時間もかかります。

Airbnbに必要な家具・家電③冷蔵庫・ケトル・ドライヤー

冷蔵庫は冷凍庫付きのものがベターです。

氷はゲストがチェックインする前に必ず作っておきましょう。
フリードリンクを冷蔵庫に入れておくと喜ばれます。

Airbnbに必要な家具・家電④電子レンジ

電子レンジはゲストが買ってきたインスタント食品の調理やコンビニ弁当を温めるのに必要になってきます。

実際自炊はせず、外食や買ってきたものを部屋で食べる内食をされるゲストが多いです。
英語の説明書を添付しておきましょう。

Airbnbに必要な家具・家電⑤ケトル

こちらもゲストがインスタント食品やコーヒーを飲む際によく使います。
ガスコンロを使ってお湯を沸かすのは、火事のリスクもあるのでオススメしません。

Airbnbに必要な家具・家電⑥ドライヤー

ないとお風呂上がりめちゃくちゃ困りますね!
ドライヤーは特に女性ゲストにとっては必需品です。

Airbnbに必要な家具・家電⑦エアコン

最近の物件は始めからエアコンがついていることが多いですが、ついていない場合は自分で用意する必要も。
夏場・冬場はエアコンは必需品です。

自身で購入する場合は5〜10万円+取り付け費用がかかってしまいます。
また電気代もかなりかかってきてしまうので、多少高くともコストが安い省エネエアコンの導入が良いでしょう。

初期費用がかなりかかってしまうために物件選びの際はエアコン付きのものを選びましょう。

Airbnbに必要な家具・家電⑧扇風機・ヒーター

こちらはもし、急にエアコンが壊れた際の非常用。

夏は扇風機、冬場はヒーターを用意してあげれば、対処することができます。
またエアコンより電気代は安く済むので、節電効果も。

ヒーターもトラブルが怖いので電気ヒーターにしましょう。

Airbnbに必要な家具・家電⑨インターネット環境

外国人を宿泊させることにおいて最も必要になってくるのがインターネット。
日本はまだまだフリーのWiFiスポットが少ないため、ネット環境を充実させることがAirbnbゲストの安心に繋がります。

さてここで問題になってくるのが「固定回線を引くか、ポケットWiFiを契約するか」です。
どちらもメリット・デメリットありますが簡単にまとめると、

固定回線のメリット・デメリット

メリット:速度制限なく通信が安定している。大人数には便利
デメリット:初期費用がかかるのと設置に時間が掛かる、引っ越すと手間

参考記事:【WiFi】固定回線を引くべきAirbnbホストの特徴と、オススメネット回線まとめ

ポケットWiFiのメリット・デメリット

メリット:外へ持ち運べる。契約即日で使用可能、引越しに手間がかからない
デメリット:速度が不安定(速度制限がある)。ゲストが持って帰る・紛失するリスクがある

参考記事:【必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

お好みで選んでもらえばいいのですが、家具のように買えば終わりではなく、月額料金がかかる上に長期での契約になるので、このインターネット環境を整えるのが最も難しい問題となってきます。

2017年2月追記:民泊WiFiが現時点でAirbnb運営に最もオススメ!

  • 速度制限なし
  • 2年縛りなし
  • 解約金なし
  • 紛失、故障時も安心サオポート

という、インターネット回線のすべてのリスクを解決したかのようなポケットWiFi『民泊WiFi』を使用してみました!

こちらが通信速度共に問題なく、こちらが現時点でAirbnb運営に最も最適かと思います。

参考記事:【必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

Airbnbに必要な家具・家電:その他家電

その他【あれば嬉しい】家具・家電にを紹介します。
こちらで紹介するのは、エアビーを運営する上で初期段階では絶対に必要ではないけれども、ゲストの満足度を上げるのに効果的な家電です。

テレビ

大きいサイズのものを置くに越したことはありません。
アニメの影響もあり、外国人の方でも日本のテレビを見る人は増えてます。

しかし「テレビがない物件には泊まらない」という外国人は経験上いないので、初期に無理して購入する必要は全くありません。

炊飯器・オーブントースター

自炊をする長期宿泊ゲストには喜ばれます。

照明、アイロン、空気清浄機、洋服掛け

ほとんどのホテルについてるもになります。

なくても困りませんが、高レビューに繋がります。資金に余裕が出てきたら導入しましょう。

テレビゲーム・漫画・DVD

こちらも日本のアニメ人気の影響で非常に高評価に繋がりやすいグッズとなります。
ゲストと一緒にゲームをすれば高評価レビューがもらえるかも!?

Airbnbに必要な家具まとめ

以上Airbnbを運用するにあたって必要な家具・家電を紹介いたしました。
これら全てを絶対に揃えなければいけないというわけではございません。

個人的にAirbnbは初期費用をなるべくかけずに始めるべきだと思ってて、1日でも早くとりあえず始めて、収益を伸ばしつつ、上がった収益で後から付け加えていくがベストです。

また家具・家電を格安、もしくは無料で手にいれる方法もあるので、初期費用をかけたくない方はこちらの記事をご参照ください。

参考記事:必見!Airbnbで使える家具・家電が無料でゲットできるサイト4選

これからAirbnbホストを始めようという方は参考にしてみてください。


Airbnbに関する質問があればLINE@・お問い合わせからどうぞ

最新のAirbnb情報、ワーク・ライフスタイルに関する最新情報をLINE@で配信してます。 Airbnbなどに関するご質問あれば、LINE@からメッセージ頂いた方が返信しやすいです!

line

【お問い合わせページはこちら】


オススメセレクション!

・Airbnbで暮らすように旅をしよう!3,500円分のクーポンゲットをしよう

・空いてる部屋を活用しない?Airbnbホストにれば11,000円分のクーポンが貰えます

・【全ホスト必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

・限定情報を配信するるってぃのLINE@はもう登録した?

・固定回線を引くべきAirbnbホストの特徴と、オススメネット回線まとめ

エアログ人気記事

・Airbnb運営ノウハウを日本一分かりやすくまとめたよ!

・Airbnbで群馬のおもしろ物件泊まってみたら最高だった

・それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ

・Airbnbとは?ホテルより民泊を使う4つのメリット

・スターウォーズ最新作をコスプレしてハリウッドまで観に行ったのに怒られた話
  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: , ↑上に戻る