151101_800

格安?仕事内容は?ゲストハウスの実態を徹底調査!

こんにちはエアログライターのるってぃ&ケンタロックです。

みなさん突然ですがゲストハウスって知ってますか??????

ゲストハウスとはアメニティやサービスを省き、低価格で素泊まりができる、主にバックパッカー向けの宿泊施設を言います。
1泊およそ2〜4000円という低価格で、なんといっても最大の魅力が宿泊しているお客さん同士との交流です。
リビングルームが共有スペースになっているところが多く、お酒を交えて世界中の人々と交流できるのが特徴です。

今では東京、大阪、京都を中心に日本でも店舗数が増えているゲストハウス。
しかしまだまだ泊まってみたことがないという方も多いはず!

つーかそもそもゲストハウスってなんじゃいごらぁ!
知らん人と交流????
そんなやっすい価格で泊まるとか不安じゃけえのぉ!!

という様々な声が聞こえて来たので、今回は実際にゲストハウスのスタッフさんに直接取材し、根堀り葉掘り聞いちゃおうと思います!!!
実は僕もケンタロックもゲストハウスでアルバイトをしていた経験があるんですよ。

Airbnb(エアービーアンドビー)とは直接関係ないかもしれませんが、何か勉強になることがありそう!

 

カメラマン紹介

今回撮影してくれたのはおかもっちゃんこと岡本 直子ちゃん。

1931

“岡本 直子(おかもと なおこ)”

関西で活動する現役大学生フォトグラファー。
その明るいキャラクターと、関西人ならではの「口」で女子高生を中心にファンを持つ彼女。
現在100人近くのプロフィール写真を撮影し、舞台撮影・24時間TVの会場・ウエディング撮影なども行う。

そんなおかもっちゃんの作品やお仕事依頼はホームページ&ツイッターから!

 

「相変わらず元気やね」

「この取材の前に他のイベントの撮影が朝からあったんですけどまだまだ撮りますよ!!」

 

取材協力してくれたゲストハウス

今回お邪魔するのがこちらの大阪とまとゲストハウスさん。

1901

見た目普通の一軒家なんですが大丈夫でしょうか。
てかこの外観で果たして誰がゲストハウスと気づくのでしょうか。

早速お邪魔しましょう。

 

取材に協力してくれたスタッフさん

「こんにちわ〜」

と早速元気よく現れたのが大阪とまとゲストハウスで働く坂田さん

1904

本日は坂田さんにゲストハウスに関するあんなこと・こんなことを聞きまくりましょう!

 

そもそもゲストハウスってどうなの?

1912

「そもそもゲストハウスとかユースホステルってどうなんですか。こうなんというか、いろんな意味でどうなんですか。泊まったことがない人に分かるように4文字くらいで説明してもらっていいですか?」

「え、今日の取材ってそんなにばっくりした感じで進んでくんですか。ちょっと4文字は無理ですけど、泊まりに来るゲストは本当に楽しそうですよ」

「まずとまとさんは部屋ってどんな感じになってるんですか?」

「まずここがゲストハウスではお馴染みのドミトリールームです。10人相部屋となっていて1泊2500円です

1908

「やっすぅ!本当に宿代を節約したいバッグパッカー向けだ」

1910

カーテンを閉めればカプセルホテルみたい!プライバシーもしっかりしてます。

「団体の方や家族連れの方はこちらの個室も用意してます。最大3名まで宿泊することができます」

1909

「テレビもついてるんですね!友達同士で来た時はこっちの部屋も楽しそう。修学旅行みたい」

 

「うちにはさらにお手頃な格安な部屋がありますよ!こちらです」

1907

1905

 

&「牢獄?」

 

1906

「とまと名物超ちっさ部屋(ちっさい部屋)です。2畳あるかないかの部屋でクーラーもついていない、まさに寝るためだけの部屋です」

1903

おそらく成人男性はまっすぐ寝ることは不可能です。

「文字通りの狭さですね。予約は入るんですか?」

「それが結構入るんですよ。1ヶ月宿泊される方や、良くとまとを利用されるリピーターさん、就職活動で来た学生さんのご利用が多いですね」

「この部屋を予約したお客さんを最初ここに案内したらどんな反応されるんですか?」

『あー全然いいじゃん!十分寝れる寝れるー!』って言うお客さんか『まじかよ』っていう完全に顔引きつっちゃってるお客さんに二分化されます。ネットで売りに出してる宣伝文句『チャレンジャー求む』ですからね」

「Airbnbで『チャレンジャー求む』なんて書いたらどうなんるんだろう」

 

 

「そしてここがリビングルームですね」

1911

「ここで料理をされたり、夜はお客さん同士集まってわいわい喋ったりお酒を飲んだりしますね。スタッフもたまに参加したり、たこ焼きパーティなどお客さんが喜んでくれるようなイベントも定期的に開きますね」

1914

「飲んだ後はお客さんと何かあるんですか?」

1915

「ないですよ!あるわけないでしょ!」

「お客さんから口説かれたことも?」

「なんでそこめっちゃ積極的に聞いてくるんですか」

 

ゲストハウスでの仕事内容

「ゲストハウスで働くスタッフさんの1日の業務の流れを教えてください。ゲストハウスで働いてみたいって人多いと思うんですよね」

「わかりました」

1913

 

ブログ更新・予約管理

1922

まず朝出勤したら大坂とまとゲストハウスのブログを更新します。
それから前日のメールをチェックして予約が入っていたら台帳に記入していき管理します。
基本的に1日1スタッフで回しているので、業務ノートを見て前日の様子やどのようなお客さんがいるのか情報を引き継ぎます。

 

清掃

1923

とまとのチェックアウトの時間が11時からなので、それからシーツの洗濯・取り替え、お部屋・リビング・お風呂場・トイレの清掃、ゴミ出しを行います。

 

お客さんの到着を待つ

1924

とまとのチェックインの時間は16時〜21時の間なので予約が入っているお客さんの到着を待ちます。

 

待つ

1925

とまとのチェックインの時間は16時〜21時の間なので予約が入っているお客さんの到着を待ちます。

 

ただただ待つ

1926

とまとのね〜ペッ、チェックインの時間はよ〜スーハー、16時〜21時の間なんですよ〜〜〜ペッ、到着するまで待つんすよプシュ〜

 

ひたすらに待つ

1927

とまとのチェックインの時間は16時〜21時なんです。
お客さんの到着を心から楽しみに待ってるんですよ。お願いしま・・・

 

来た

1928

お客さんだ〜!!!!

 

チェックイン対応・部屋の説明・案内

1929

Welcome to とまとゲストハウスです。

1930

お客さんにシーツと鍵を渡し、お部屋にご案内。
注意事項やチェックアウトの時間を説明します。

ここまでがゲストハウスでの1日の業務の流れとなります。

その後お客さんとお話ししたりしますね。

1916

「お客さんってやっぱり外国人の方が多いんですか?」

お客さんの半分は日本人、半分が外国人ですね。なので『ゲストハウス泊まってみたいけど英語話せない〜』という不安な方でも全く問題ありませんよ。また外国人の中でもアジア人の方はやっぱり多いですね。ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアからも多くのお客さんが来ます」

「大体全てのお客さんと交流してるんですか?」

もちろんお客さん次第ですね。中にはあまり誰とも関わりたくないって方もいます。でも色んな繋がりを目的に泊まりに来るお客さんが基本的に多いので、色んなお話しが聞けて楽しいですよ!facebookで繋がって連絡を取るゲストもいますし。」

1917

「やっぱりバックパッカーの方が多いんですか?」

「外国人の方はそうですね〜。日本人でも自転車で日本一周してる人や、ヒッチハイクしている人、あとは旅行で大阪に来た学生さんが最近は多いですね。あとたま〜に企業の社長さんも来ますね。なんでも若いころ海外旅行でゲストハウスを利用していて、日本でも高級ホテルではなく懐かしさから当ゲストハウスを利用してくれるというケースがあります」

「お金を積まれて口説かれることも?」

「だからないですってば!」

 

スタッフはどんな人が多い?

1918

「やっぱり英語が喋れないと働けないんですかね?」

「いえ英語は全く関係ないですよ!使う単語は決まってますし最初に覚えてしまえば大丈夫です。お話しするときや何かハプニングがあった時はちょっと大変ですが、勉強にもなりますしとても楽しいですね」

「どんな人が多いんですか?」

将来ゲストハウスを経営したい人が勉強のためにバイトするというケースが多いと思います。あとバックパッカーとか旅好きな人英語勉強したい人外国人と交流したい人、場所によっては住み込みでアルバイトすることができるので、家賃を浮かしたい人など様々です。私のような学生もいるので、大学生の方に特にこのアルバイトをお勧めしますね!」

「学生時代ゲストハウスでアルバイトしてたけどおもろいっすよね〜!東京とか京都は数が多いし、地方もどんどん増えてるから働くチャンスが増えそう」

「本当に楽しい仕事なのでもっとみんなに知ってもらいたいですね〜。他とは違う少し珍しい仕事なので話のネタになりますし、就職活動でも使えますよ(笑)。各ゲストハウスのホームページに求人広告があると思うので興味ある方は積極的に応募してみるのもありですね。」

「確かにゲストハウスでのバイトがめちゃくちゃ楽しかったもん。辛かったの朝バイト先に行くことくらい。行ってしまえば超楽しい。んで夜お客さんと飲んだり喋ってたりしたら帰るのめんどくさくなってそのままバイト先泊まってくみたいな

「あるあるですね(笑)」

 

大阪とまとゲストハウスの魅力とは?

1919

「坂田さんが思う大阪とまとの魅力ってなんだと思いますか?」

ロケーション家に帰ってきたような落ち着きですかね。ロケーションに関しては最寄駅が御堂筋線の西中島南方駅、もしくは阪急の南方駅で梅田・新大阪・なんばからのアクセスも非常に良いので、観光・出張にとても便利ですよ。京都も40分で行けます。

1902

「また淀川の河川敷の目の前にあるので、景色が最高ですね!ランニングやお散歩もできますし、お客さんとバーベキューすることもありますよ夏の淀川花火大会の日程に合わせて宿泊すれば部屋から花火を見ることができます。

「河川敷で生まれる恋も?」

「わかんないですけど・・・あるんじゃないんですか。それともう1つの魅力が家に帰ってきたような落ち着きなのですが、今『オシャレ』をコンセプトにした綺麗なゲストハウスが増えてるんですけど、とまとは普通の一軒家みたいな雰囲気なので謎の安心感と落ち着きがありますね(笑)

「ついつい連れ込みたくなるような、そんな感じ?」

「とまとゲストハウスをそおゆう目で見るのやめてください」

 

ゲストハウスとAirbnbの親和性

1920

「僕たちはエアログというAirbnbに関する記事を書いているんですけど、坂田さんはエアビーについてどう思います?」

「すっごい面白いと思いますね!お客さんをもてなして、宿泊場所を提供するというのはゲストハウスと同じだし」

「そうですね、僕らもゲストハウスで働いていた経験がそのままAirbnbに生きてますもん。ゲストへの対応とか全く苦労なく始めることができましたし。やってることはゲストハウスの業務とほぼ一緒ですしね」

「私も始めようかなぁと思ってるんですよ」

「たぶんすぐスーパーホストなれますよ!」

「スーパーホストなってゲストとなんかするんでしょ?」

「しません!!!!!!!!!」

 

まとめ

1921

ゲストハウスは面白い!!!!

今回はゲストハウスってなんなの?ってところから、スタッフの仕事内容、普通のホテルにはないゲストハウスの魅力について現役スタッフさんに根掘り・葉掘り聞きまくりました。

格安で宿泊することができて、世界中から集まった人とも交流できて友達できて、いつもの旅行がより一層楽しくなると思います。

そういった面ではAirbnbと似た部分がありますね。
是非まだゲストハウスを利用したことがない人は利用してみてはいかがでしょうか?
海外には日本人専用のゲストハウスも多々ありますし。

今回取材協力してくれた大阪とまとゲストハウスさん、スタッフの坂田さん、カメラマンのおかもっちゃん、ありがとうございました!

梅田・新大阪駅近くで格安ホテル・ゲストハウスを探してる方は要チェック↓
大阪とまとゲストハウスのホームページはこちらから

*とまとゲストハウスは実は京都にも2店舗あります。京都駅前で格安ホテル・ゲストハウスを探してる方はこちらも要チェック↓
京都とまとゲストハウスのホームページはこちら

 

この記事を読んだ人は下記の関連記事も読んでいます

【必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由【1ヶ月使用レポ】

【必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由【1ヶ月使用レポ】 突然ですがAirbnbホストの皆様、民泊物...

民泊に初期投資はいらない。Airbnbでかけたお金が5000円だから上手くいった。

民泊に初期投資はいらない。Airbnbでかけたお金が5000円だから上手くいった。 こんにちわ! エアログのるってぃ...

Airbnbを使うのが不安なら「スーパーホスト」を選べば間違い無い

Airbnbを使うのが不安なら「スーパーホスト」を選べば間違い無い 初めてAirbnb(エアビーアンドビー)使って...

Airbnbの紹介クーポンコード貼ったけど成約率の低さに絶望した話

Airbnbの紹介クーポンコード貼ったけど成約率の低さに絶望した話   旅行してぇ。 ...

ホテルでお土産渡しますか?民泊は宿泊業でもサービス業でもない

ホテルでお土産渡しますか?民泊は宿泊業でもサービス業でもない 日本はもちろん、全世界でムーヴメントを起こす民泊。 ...

Airbnb(エアビーアンドビー)の情報を発信しております。 エアログのるってぃです。 Airbnbを代表とする...




  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: , ↑上に戻る