Airbnbで再生させたパン屋にエアビーの創業者が来店した時、僕の夢は叶った

北海道から戻って来てヘロヘロで爆睡した翌朝、5時にAirbnbからメールが届く。

「明日朝、AirbnbのCEOのジョー・ゲビアがケトルに来ます」

朝5時なので寝ぼけてよく分からなかったのですが、とりあえず一旦うんこをします。

 

*ケトルとは今僕と常連さんのはるみさんでプロデュースしている潰れかけの代々木のパン屋で、Airbnbを絡めて活気づけて、さらにその様子をブログで発信してたため、外国人だけでなくAirbnbホストさんや地元の人も集まってきた。 詳しくはこちらの記事をお読みください。

関連記事:Airbnb使って潰れかけのパン屋を繁盛させます!

そして2~3時間くらいして状況分かってきました。

いやいやいや待て待て待て待て待て。

IMG_0100  

なして??なんでAirbnbのCEO来るの!?!?ケトルやばね!?!?!?

何その『スティーブ・ジョブズふらっと喫茶店寄ります』みたいなラフさ!?

IMG_0103  

ケトルのストーリーが全世界のAirbnb社に広まった

毎年7月にAirbnbの社内パーティーがあるみたいなのですが、そこで「世界のおもしろAirbnbストーリー紹介」なるコーナーがあるそうです。

そこのAirbnbおもしろストーリーになんとこのパン屋ケトルが選ばれたのです。 ちなみに世界で選ばれた6つの話の中の1つです。

「Airbnbが1つのパン屋を救った」と。

それでこのパン屋のこれまでのストーリーをAirbnb本社がイラストで絵本仕立てにしてくれて、世界に発信されました。 そして日本時間の7月22日、そのストーリーの紹介直後、テレビ電話でケトルに生中継がされました。

※まぁ僕その時夕張にいて参加できなかったのですが。

多くのAirbnb社員さんと、喝采が送られたそうです。 夕張からドキドキしながらその様子を見てました。 そのストーリーを見て、AirbnbのCEOジョー・ゲビアが感動した!と。

そしてAirbnbの創業者ジョー・ゲビアがケトルに来た

朝8時に来ると聞いていたので起きて下降りたらまじでいた。 今じゃ企業価値3兆円のシリコンバレーを代表する企業のCEOがキャップをかぶってカジュアルにいた。

IMG_0151  

本当の本当にAirbnbのCEOジョー・ゲビアがケトルにやって来たのです! マスター割といつもの調子で淡々としててワロタ。

IMG_0166  

早速この日のために大量に用意しておいた、くりこま高原の米粉をふんだんに使ったクロワッサンをご用意。 果たしてその反応は…?

IMG_0156  

昇天してた。

IMG_0155  

「フランスのパンより美味しいよ!」「インクレディブル!(信じられないほどだ)」という最上級の褒め言葉を頂きました!

その後マスターに「どうやってパンの作り方を勉強したんだい?」「サンフランシスコに1000個注文するよ(アメリカンジョーク)」とテンション爆上がりのご様子でした。

IMG_0152

そしてジョーがケトルにやって来ると聞いたAirbnbホストさん達が朝から集まってくれました。 みんなでパンを食べながらワイワイミートアップを楽しみました。

IMG_0154

Airbnb創業者のジョーと会うのが僕の夢だった

Airbnbの楽しさを伝えるためのこのブログ『エアログ』を始めて10ヶ月。

エアログ設立当初胸の中に秘めていた夢、それは『Airbnbという素晴らしいサービスを作った創業者達に会う』ことでした。

それもただ普通にイベントで会うのではなく、『自分がAirbnbを絡めたプロジェクトを成功させて』もしくは『Airbnb創業者達に”僕に”会いたい』と思わせて。

そうすることで、『エアログがAirbnb創業者達から正式に認められる』と思ったからです。

本当にこの日が、こんなにも早く来るとは思わなかったです。わざわざジョーが国を超えてケトルにやってきてくれたんです。

IMG_0188  

何度もエアログで紹介してますが、このジョーのTEDスピーチの動画が大好きなんです。 彼がなぜAirbnbというサービスを思いついたのか、どうやって見知らぬ他人を自宅に泊めるのに信頼を築いていったのか、この動画は好きすぎて100回は見ました。

初めてジョーに会った僕は第一声で「ありがとう」と感謝を伝えました。今目の前にいるジョーがAirbnbというサービスを作ったおかげで、国境を超えて世界中にかけがえのない友達ができたし、

IMG_5877  

日本中の、たくさんの素晴らしい方々にも出会え、

13441833_906140616176034_2085089313_o  

自分自身は嫌な仕事を辞めて独立することができたし、

IMG_9709  

そしてゲスト側としてAirbnbじゃないと味わえない体験と旅をすることができました。 Airbnbのおかげで生活が助けられているホストさんが世界中にたくさんいるんです。

IMG_1725  

だからジョーに初めて会う時最初に感謝を伝えたかった。この日僕の夢は自分の納得する形で叶ったのです。

IMG_0177  

 

世界にもシェアされたケトル、そして僕は「グローバるってぃ」を目指して

スケジュールがタイトなジョーは1時間で帰らなきゃいけないので、

IMG_0161  

しっかりサインを頂き、ケトルに飾ります。ナイスなメッセージありがとう。

IMG_0176

何かテンション上がっちゃって、「ゴーストタウンみたいになった夕張って町があるんだけど、その町もAirbnbを使って再生させたいんだ!」と言ったらジョーもノリノリでした。 こうして朝からテンション上がりっぱなしの怒涛のミートアップは終わったのです。

IMG_0191   今日1日で何だか世界がグッと自分に近づいた気がしました。

この感覚はまだうまく文字で説明できないですけど、『グローバるってぃ』目指して1歩1歩着実に進んでいきたいと思います。

ジョーがInstagramで紹介してくれました

この後ジョーが自身のInstagramでケトルのこと、そして僕らのことを名前付きで紹介してくれました。 世界中からお客さんカモン!!

オススメセレクション!

 
  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『プロ無職』運営中

タグ: ↑上に戻る