thumb_IMG_0414_1024

久しぶりにAirbnb関係ない外国人アテンドして消耗した話

こんにちわ。
エアログライターのるってぃです。

先日、ニューヨーク留学時代のダンスのチームメイト(とその彼女達)が8人日本にやって来ました。

会うのはおよそ2年ぶり。
そして彼らが初日本ということで、こっちも張り切って仕事を放棄し全力でアテンドしました。

が、完全に「Airbnb慣れ」していた自分には衝撃かつ、かなり消耗しました。

念のため最初に言っとくと、僕は彼らのことが大大大好きです。

彼らのおかげで自分の人生が動き出し始めたし、今自分が頑張ってる理由に彼らがかなり関わってるくらいです(これはいつか別で記事に書きます)。

愛ゆえのdisです。ちなみに全員アメリカ人です。
ではアテンドして気づいたことを書きます。

消耗した理由①食事でメニューを選ぶのにかなり時間がかかる

thumb_IMG_0650_1024

 

すき家、天や、パンケーキ、寿司屋、餃子屋、定食屋など様々な場所で食事をしましたが、『メニューを選ぶ時点で』もう疲れます。

彼らは絶対に外れを引く事を嫌います。
1つ1つ「これは何だ?」「美味しいのか?」と聞いてきます×8人です。

こっちも英語が完璧でないので、この時点で注文までに時間がかかりますし、消耗します。
そして極め付けは、口に合わなかったらはっきりと「不味い!」と言うところです。

もう「うるせーわ!」って感じです。

消耗した理由②周りの目を気にしない

thumb_IMG_0667_1024

 

これはマジで「アメリカンだなー」と思ったところなんですが、周りの目を気にしないってゆうか、気にできないんですよね。

まず理解してほしいのは彼らに日本の居酒屋文化がありません。
なので「料理をみんなでシェアして、お会計も人数で割る」という考えがあまりありません。

基本的にどこに行っても「自分が注文した分を払う」という考えです。

だからどこに行っても「お会計は別々」なのです。

これがまじで時間がかかる。8人ですからね。
で、そうなると会計時にめちゃくちゃ後ろに列出来てくるんですよ。

そうなった時普通気を使って急ぐとか、お金を前もって準備するじゃないですか。
全くしない。てゆうか周りが見えてない。

面白かったくだりが、

店員「1380円です」

アメリカ人A「えーと、1000円と…、ちょっと誰か小銭持ってない???」

アメリカ人B「ない」

アメリカ人C「ない」

アメリカ人D「100円しかない」

後ろで並んでる日本人の方「イライラ…….」

僕「ちょっ、1万円あんじゃん、これ出せよ」

アメリカ人A「崩したくない」

後ろ待ってんだよ!早くしろや!

こんなやり取りが食事のたびに発生し(×8人)、何より学習してくれません(震え声)

そして基本ボリュームが大きいです。
声とかもですが、携帯の動画の音とか。

アメリカではツイッターとかよりSnapchat(動画でメッセージや近況を送れるSNS)が流行してるのですが、その友達から送られてきた動画とか、Youtubeとか基本音量でかい。電車の中でも。

どこでも周りの目を気にしない感じ。
良くも悪くも外国人っぽいな〜と思いました。

消耗した理由③ローカルな体験より、割と従来通りの旅

thumb_IMG_0669_1024

 

別に特別「消耗した…」ってわけではない話です。

東京で彼らが「見たい!したい!」と言った所に基本アテンドしたのですが、渋谷・明治神宮・原宿・秋葉原・東京タワーなど、割とテンプレ通りの旅をしました。

そしてファッション好きが集まっていたので、基本的にショッピングがメインでしたね。

ダンサーなので、「東京のダンサーと練習がしたい!」と言い出すとおもったら、割と東京の観光地にたくさん行きたい感じでこれは少し予想外でした。

まあ年齢も若いですしね。

テンプレ通りの旅の何があれって、アテンドしてる自分はあんまり面白くないんですよ。
連れていって反応を見るのはいちいち面白いのですが、自分も含めてよりレアでローカルな体験したかったなと。

これは東京に来て1年ちょっとの自分の力不足でもあります。

改めて感じたAirbnbゲストの「気使い」のレベルの高さ

airbnb 2

 

これまで300組のゲストと会い、幾多も交流を経験してきた身としては、完全に「Airbnb慣れ」しすぎて、これが従来の外国人的思考ということを忘れてました。

Airbnbゲストと観光地回ったり、一緒にご飯を食べに行ってこんなに疲れたりイライラすることなかったですからね。

それくらいAirbnbで宿泊しに来るゲストは相当「気が使える」ということ。
「知らない人の家に泊まる」「ネットを介して知り合った人と会う」となると自分の下手な行動1つで「信頼」を失います。

そうです、Airbnbは「信頼で成り立ってるサービス」だからこそ、「気使い」ができないと「良いホスト」「良いゲスト」として長く使えないサービスなんだなと気付きました。

どれだけ自分の家に、素晴らしいAirbnbゲストが毎回来てくれるな〜と改めて感じることができました。
Airbnbってすごい!

でもそれに甘んじて、自分の感覚が麻痺してた所もありました。
久しぶりにアテンドで消耗したけど、それでもやっぱり彼らが大好きです!!

というゆうか「Airbnbゲストと質が違う」からこそ、逆にめちゃくちゃ楽しくも感じました。


Airbnbに関する質問があればLINE@・お問い合わせからどうぞ

最新のAirbnb情報、ワーク・ライフスタイルに関する最新情報をLINE@で配信してます。 Airbnbなどに関するご質問あれば、LINE@からメッセージ頂いた方が返信しやすいです!

line

【お問い合わせページはこちら】


オススメセレクション!

・Airbnbで暮らすように旅をしよう!3,500円分のクーポンゲットをしよう

・空いてる部屋を活用しない?Airbnbホストにれば11,000円分のクーポンが貰えます

・【全ホスト必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

・限定情報を配信するるってぃのLINE@はもう登録した?

・固定回線を引くべきAirbnbホストの特徴と、オススメネット回線まとめ

エアログ人気記事

・Airbnb運営ノウハウを日本一分かりやすくまとめたよ!

・Airbnbで群馬のおもしろ物件泊まってみたら最高だった

・それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ

・Airbnbとは?ホテルより民泊を使う4つのメリット

・スターウォーズ最新作をコスプレしてハリウッドまで観に行ったのに怒られた話
  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: ↑上に戻る