ruxtutexi

〜Airbnb関西グループリーダーに誘われエアログが京都へ!果たしてそのおもてなしは?前編〜

事の発端は、エアログが鳥貴族でベロベロの中「東京疲れた!大阪帰る!!」と言い出しところから今回の大阪旅行が始まりました。
*今回の弾丸大阪出張の様子は今までの記事を御覧ください↓
《出発前》エアログ大阪行きまっせ〜!あなたのおもてなし力見せてください!
《初日》Airbnb大阪ミートアップにエアログが参戦!大阪ホストは温かかった!
《2日目》Airbnbは女性が使うとトラブルあるの?美人ホストに色々聞いてみた

酔っ払った勢いで「大阪帰る」と言ったものの、タダで帰るのもあれなんで、大阪でAirbnb(エアビーアンドビー)関連のイベントや、暇な面白いホストさんに会えないかな〜と思い、Airbnb内にある関西グループに投稿してみたのです。勢いで。

Airbnb(エアビーアンドビー)グループとは?

「グループ」とは、共通の話題や興味をテーマにAirbnb(エアビーアンドビー)ホストが作る自主運営のオンラインコミュニティです。「誰かの助けが要る」、「情報をシェアしたい」、「同じ考えをもつ仲間とつながりたい」という時に気軽にコメントや記事を投稿したり、質問したり、写真を共有したり、ディスカッションに参加したりできます。管理者は、オフラインで顔を合わせるミートアップを企画することも可能です。

要は「グループ」というのは、Airbnbユーザーなら誰でも参加できて、気軽に情報交換や自己紹介ができるコミュニティってことですわ。

この「グループ」の中でも関西でAirbnbを利用する人の集まり「Osaka Host Comunity」内に、何かイベントなど何か聞いてみたところ、コミュニティリーダー(運営者)のYusukeさんから「週末大阪でAirbnb主催のミートアップありますよ」との連絡を頂きました。

超ラッキ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

そんなこんなでミートアップで初めてYusukeさんにお会いしました!その節はどうもありがとうございました!
Airbnb京都25

 

そしてこの大阪ミートアップの際に、「大阪いつまでいます?もしよかったら運営してる京都の町屋に泊まりに行きませんか?」と誘われました。

というわけで京都にやってきました!

京都28

どうも、久しぶりに大阪に帰ってきたので友人が働いてるはずの美容室にサプライズで髪切りに来たらその友人は他店に移動になっていませんでした、エアログのるってぃです。

ケンタロックは本日は「東京に強制送還」となり不在となっております。去り際に「いやじゃあぁ」と言っておりました。

さてYusukeさんが運営するAirbnb物件へ。
こちらがAirbnb関西コミュニティリーダーのYusukeさんだー!
京都4

 

早速お邪魔しまっす!てかぬあんすかこの家??

Yusukeさん 2
「これは京都にはよくある『町家(まちや)』と呼ばれる家です。この家で築80年くらいかな?ここのオーナーはYokoさんという方で、この町家をリノベーションして『ゲストハウス』として貸出してます」

るってぃ
「なるほど。あれ、でもAirbnbのホストはYusukeさんですよね?どゆこと?(この町家のリスティングはこちらです)」

Yusukeさん 2
「ゲストハウスとして貸し出す以外に、Airbnbでも集客をしてるんだよ!エアビーで来たお客さんのやり取りは基本的に僕が行います。Yokoさんとは2年前に知り合い、それからこうやって協力しながらこの町家を運営してます。」

るってぃ
「そうゆうことなんですね!では早速中を色々と拝見させていただきましょうかね。」

京都Airbnb1
ここが2階和室。もう既に圧倒的「和モダン」に驚きを隠せません。襖をオレンジ色に張り替えるの良い!帰ったらすぐパクろ!

京都Airbnb3
置いてある家具や小物にも「The京都」を感じます。徹底した雰囲気作りに「プロ」を感じます。
京都Airbnb12

 

1階はこんな感じ。
「ここで国際連合の会議でもするんですか?」と聞くと笑顔で「違います」と返って来ました。
そびえたつモニターに「一番偉い人」が出てきてスカイプ会議とかできそうな雰囲気ですよね。
京都Airbnb9

 

キッチンとトイレは新たに作られたそうです。

京都Airbnb6
京都Airbnb5

そしてここにある家具や飾ってある絵の多くは、Yokoさんが町家を改装してゲストハウスをするってなった時に知人の方が譲ってくれたり、描いてくれたものらしいです。
なんか京都の町の人々の温かさを感じますね。
京都Airbnb13

京都Airbnb14

 

大覚寺から頂いてきた生命力ありすぎなハスや、

京都Airbnb11

 

ロバートレッドフォードのショップの花瓶まで。都心でよくある「IKEA・ニトリで固められた部屋」とは大きく異なる小物の徹底具合!
ごめんなさい、ロバートレッドフォードの「ロ」の字も知らなかったです。

「Airbnbホストの家に泊まってみた」実現か!?

さて、「京都」の特徴をぎゅぎゅっと凝縮したようなこちらの町家。
なんともありがたいことにYusukeさんから「泊まっていきなよ!」とのお声かけが!

が、しかーし!
今度はるってぃのスケジューリングの都合で、宿泊ができないことに…。
またもや「Airbnbホストの家泊まってみた」シリーズ決行できす。

るってぃ
「うう…。せっかく京都にやってきたのに、なぜこうもタイミングが悪いのか…。」
Yusukeさん 2
「そっかー残念だね…。じゃあ夕方まで時間ある?…京都のおもてなし、関西グループリーダーの私がみせてあげましょう!(キラリ)」
るってぃ
「まじすか!?!?!?」

 

こうして急遽Yusukeさんに、普段外国人ゲストを案内する京都の町を連れて行ってもらうことに!
Airbnb(エアビーアンドビー)ホストは数多くいれど、コミュニティグループリーダーの「おもてなし」を直で見れるなんて超貴重!!
Yusukeさん 2
「じゃあレンタサイクルあるから乗って!あ、寒いから手袋つけなよ。」

 

るっt
キッチン用手袋渡された時はどうボケていいか分からなかったです。

 

関西の無茶振り怖い。

京都おもてなしツアー後編はこちら



  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: , ↑上に戻る