それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ

今じゃ世界中で新たな『旅行のスタイル』として注目されている民泊。

民泊とはホテルや旅館とは異なり、普通の民家や民宿に宿泊することを指し、一般の民家に宿泊することで、現地ならではの体験や交流を味わうことができます。

この民泊の仲介サイトとして話題となっているのが、Airbnb(エアビーアンドビー)です。
2015年の夏以降、「Airbnbはめちゃくちゃ儲かる」ということで日本で、特に貸す側として一気にAirbnb利用者が増加しました。

登録者がたった1年で3倍に増えたのですから本当にびっくりです。

Airbnb運営で必要とされてきてるのが『民泊許可物件 』

これだけ利用者が増え、世間でも話題になれば当然発生してきたのが「オーナーからの民泊バレ」です。
文字通り民泊してることがオーナーにバレることで、賃貸で民泊をしてる人の多くはその物件のオーナーさんに許可など取らずに当初民泊をしていたかと思います。

昨年の夏以前はAirbnbの認知度も低かったもんですから、
「最近外国人いない?」と言われても、

「外国人の友達が日本に来てて泊まってるんです!」でごまかせたかもしれません。

しかし民泊がメディアで報道され始め(しかも悪い部分ばかり)、Airbnbの認知度が上がればオーナーさんも
「自分のところでも民泊をされてるんじゃないか?」と感じ始めるわけですね。
それから『民泊バレ』による強制退去の話が絶えなくなりました。

その結果必要となってきたのが、『民泊許可物件』と呼ばれるもの。
「オーナーから民泊してもいいですよ」という許可を得ている物件です。

オーナーから民泊の許可を得られていれば、オーナーバレを気にせず気持ち良くAirbnbを使って外国人を招き入れることができます。

そして不動産の方でもこの民泊許可物件を取扱うところが増えてきました。
希少価値はものすごく高く、ネットで情報が出れば、一瞬で申込者が殺到するような状況です。
エアログも民泊許可物件は存在するのか不動産屋に聞きに行ったことがあります。

結果的に今では民泊許可物件でAirbnbを運営させてもらってます。

結局のところ民泊許可物件って気休めでしかありませんよ

そして本日4月26日に入っていたニュースがこちらです。

民泊を無許可で営業、容疑の女ら3人を書類送検 大阪

外国人観光客向けにマンションなどで無許可の「民泊」を営んだとして、大阪府警は26日、いずれも大阪市生野区の韓国籍の飲食業の女(71)、中国籍のレンタルビデオ店経営の夫(37)と韓国籍の妻(55)を、旅館業法違反(無許可営業)の疑いで書類送検し、発表した。「金もうけのためにやった」と全員、容疑を認めているという。

外事課によると、女は昨年1月~今年2月に自ら借りた生野区のマンションなど3カ所で、夫婦は昨年6月~今年2月に一戸建ての自宅など2カ所で、大阪市から旅館業の許可を受けずに韓国人観光客らを有料で宿泊させた疑いがある。

日本で民泊をしてる外国人が旅館業法違反で書類送検されたということです。

この旅館業法という法律が中々にやっかいで、とにかく厳しい。
なんせ戦後に作られた法律で、一部変更などはありましたが約70年間概要は変わってないですから。

一個人が『空いてる家や部屋を貸して有効活用したい』と思っても、この旅館業法をクリアして民泊を始めるかという話になると…かなり難しい話です。改装費に莫大なお金を有しますからね。

結局は民泊許可物件でAirbnbしようが気休めでしかないということです。

旅館業法をクリアしない限り一緒なんですよね。
民泊許可物件でオーナーの了承は得てても、周りのご近所の方を敵に回せばアウトです。

ご近所の方が、

「あそこの家(部屋)、最近外国人よく出入りしてない?」
「あれじゃない、最近ニュースとかでよくやってる『民泊』ってやつじゃない?」
「やだぁ〜外国人とかが家に来るんでしょ〜。危なそうだわ〜」

これで騒音騒ぎやゴミの出し方を間違えようもんなら即保健所へ通報行きかと思います。

民泊許可物件でAirbnbを運営してようが、どんなにAirbnbで外国人との交流を楽しんでようが、どんなにおもてなしをして喜んでもらおうが、家から一歩出れば戦争みたいな状況です。

民泊許可物件は気休めです。それでもAirbnb始めますか?

保健所に通報されて指導が入れば、即アウトはありませんが、再三無視し続けると上の報道のようなことが起るので注意です。保健所からの指導が入れば、素直に辞めたほうがいいでしょう
昨年の11月には京都で民泊を運営していた日本人が書類送検されてます。

今日の報道でさらに世間の『民泊』に対するイメージが悪化したでしょう。
これから民泊の法整備が進んでいこうとしていたところで、これは今以上に風あたりが厳しくなったんではないでしょうか?

こんな状況の中で、

それでもAirbnb始めますか?
それでもAirbnb続けますか?

ホームステイ型民泊(ホストとゲストが一緒に居住する民泊)は国から正式に認められそうなので、正式に認めらるまで待つのか(時期は不明)、お金と手間をかけて旅館業法の許可を取りに行くのか。個人の自由です。

エアログは頑張ります

『今年は民泊を少しでも良い方向に持ってけるように頑張ります!』
胸高らかに色んなところで宣言してたのですが、少しでも日本の、日本人の意識を変えるために行動することにしました。
今後ともよろしくお願いします。

お問い合わせはこちら

Airbnbで暮らすように旅したい方は、こちらから登録で3,500円分のクーポンが貰えます。

Airbnbホストになりたい方は、こちらからの登録で11,000円分のクーポンが貰えます。


Airbnbに関する質問があればLINE@・お問い合わせからどうぞ

最新のAirbnb情報、ワーク・ライフスタイルに関する最新情報をLINE@で配信してます。 Airbnbなどに関するご質問あれば、LINE@からメッセージ頂いた方が返信しやすいです!

line

【お問い合わせページはこちら】


オススメセレクション!

・Airbnbで暮らすように旅をしよう!3,500円分のクーポンゲットをしよう

・空いてる部屋を活用しない?Airbnbホストにれば11,000円分のクーポンが貰えます

・【全ホスト必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

・限定情報を配信するるってぃのLINE@はもう登録した?

・固定回線を引くべきAirbnbホストの特徴と、オススメネット回線まとめ

エアログ人気記事

・Airbnb運営ノウハウを日本一分かりやすくまとめたよ!

・Airbnbで群馬のおもしろ物件泊まってみたら最高だった

・それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ

・Airbnbとは?ホテルより民泊を使う4つのメリット

・スターウォーズ最新作をコスプレしてハリウッドまで観に行ったのに怒られた話
  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: , ↑上に戻る