民泊に初期投資はいらない。Airbnbでかけたお金が5000円だから上手くいった。

こんにちわ!
エアログのるってぃです。

先月発売されました著者高橋洋子さんの『3万円からの民泊投資術』。
14500185_1707610176227584_6182723175158628691_o

 

こちらは『民泊は3万円からできる』ことを推しておりまして、巷で流行してる『転貸用の物件借りて民泊で稼ぎましょう』系の本とは違うのです。
基本的にホームステイ型民泊を推奨しています。

ちなみにるってぃも掲載されておりますので、是非ともチェックしてみてください。
cujqu3gvyaqar4g

 

 

民泊・Airbnbを始めるのに初期投資はいらない

シェアリングエコノミーとは「今有るものを活用してお金を生み出すこと」なんですよね。

つまりAirbnb(エアビーアンドビー)とは?ホームシェアリングとは?を突き詰めれば「『自宅』の空いてる部屋を貸し出す」ことが自然の定理ということは理解できるでしょう。

「自宅を貸し出すのに初期投資はあるか?」という話です。

ちなみに僕がAirbnbを始めるにあたって、かけた初期費用はドンキで買ったエアベッド5000円。

いや、ほんとはエアベッドすら買わずに始めたんだけど、初Airbnbで予想外のトラブル発生したからさ、買ったのよ。
初Airbnb体験&起きたトラブルに関してはこちらの記事をご覧ください。

必要なものは布団とWifi

よく民泊・Airbnbを始めるのに「食器」とか、「外国人が喜びそうな着物」とか用意する方がいますが、そんなんに合計30万とか初期費用かける必要はありません。

必要なのは布団とインターネット環境。これのみです。

もはや自宅のソファをAirbnbで貸すって人は布団すらもいらないですしね。

ちなみに僕はAirbnbゲストにはWifiルーターを貸す対応ではなく、固定回線引く派です。
なんせ『自宅』ですからね。

ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が提供する世界最速のブロードバンド回線【NURO光】

そして「まずはやってみる」という気持ちが大切

そして最も重要なのが、「まずは民泊・Airbnbをやってみよう」という気持ち。
これです。

「30万円の初期費用をかけて数ヶ月かけて回収」よりも、僕は断然「インテリアとかどうでもいい。布団とWifi用意して1日でも早くAirbnb始めること」です。

リスクを負ってまで始めるものでもないし、稼いだお金をどんどん必要な備品や家具購入に当ててけばいいんです。

そして99%の日本人は民泊やAirbnbなんか始めないので、言い訳や初期費用はいいので1日でも早く始めて、体験してみればいいのです。

・Airbnbを始めて1番の収穫は「変わった日本人」とたくさん知り合えたこと

初期費用がこれだけかかる〜と言うと圧倒的にハードルが上がっていく。
そんな民泊・Airbnbに関する敷居を上げまくるのがエアログの仕事です←

もう1度言います。

僕は5000円で民泊を始めました。

必要なものは布団とWifiのみです。

 

  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: ↑上に戻る