Airbnbせみ

〜民泊の魅力を伝えろ!電通主催オンライン旅行セミナーに潜入してきた〜

こんにちわ。
Airbnb(エアビーアンドビー)ブログ界の体当たり番長、エアログのるってぃです。
本日私は電通にやってきております。Airbnbセミナー2

 

電通といえば、そうですね。日本最大の広告理店ですね。
なんですかこの自社ビル。でかすぎだろ。
もはや俺の中の「新橋」=「電通がある場所、親父サラリーマン行きつけの飲み屋が多い場所」だわ。
Airbnbセミナー

 

大体このエレベーター、スピード早すぎな。14階4秒くらいやん。耳いてーわ。
おっと失礼、オフィスに入っただけでディズニーランド来た気分になってしまいました。Airbnbセミナー11

 

エアログが電通にやってきた目的は?

今回エアログが電通にやってきた理由はこちらです。

スクリーンショット 2016-03-19 20.14.29
出典:http://www.travelvoice.jp/20160222-61450

 

電通主催の「オンライン旅行セミナー」です。
OTA(Online Travel Agent)、言わば店舗を持たず、インターネット上だけで取引を行う各旅行会社が集まり、今後のOTAビジネスの課題や、Airbnb(エアビーアンドビー)含めたシェアリングエコノミーまで、最新のオンライントラベルの動向を図るといったセミナーです。

今回エアログハウスの運営に関して、bnbパートナーシップという形でエアログのスポンサーに入って頂いてるSohtaroさんがゲストスピーカーとして登壇!
そして電通が主催するだけあり、2日で100名分の座席が売り切れとなったこのセミナーですが、「ブログのネタになれば」と、Sohtaroさんに特別枠で招待していただきました。

こんな下世話なブログのためにありがとうございます。

オンライントラベル最新動向セミナーに潜入

Airbnbセミナー9

セミナーは3部構成だったのですが、Sohtaroさんが登壇される「シェアリングエコノミーの活用によるインバウンド集客と地方創生」は最後の第3部。そこからエアログが会場入りしました。

Airbnbセミナー3

もう中には旅行業界、ホテル業界の方々で埋め尽くされてました。

スーパーホストSohtaroさんによる「民泊」解説

大手不動産会社、不動産投資会社、中には「空いてる部屋をレンタルスペース」として貸し出すサービス「スペースマーケット」の代表まで、名だたるメンツが揃ってました。Airbnbセミナー14

その中で、「民泊の貸主」の代表としてSohotaroさんが登壇。実際に現場を知る側から、現状どのようなことが実際に行われてるのか解説します。

Airbnbセミナー4

 

民泊とホテルの違い

例えば同じ3万円という金額で泊まれる新宿のホテルと、民泊利用の場合を比較した場合、

ホテル(アパホテル:歌舞伎町タワー)

Airbnbセミナー16

・シングル11平米
・高速ネット回線
・50インチテレビ
・加湿器完備
・シャワー空調完備
・最大収容人数1名(シングルベッド)

民泊(新宿付近)

Airbnbセミナー17

・2BR 70平米
・ネット環境完備
・洗濯機付
・最大収容人数4名

と、同じ1泊3万円でも圧倒的にコスパが良い点をアピールしました。

ゲストが今「民泊」を求める理由

また、なぜ観光客が今Airbnb(エアビーアンドビー)などを用いて「民泊」を利用するかということについては以下の3点と説明。

ホテルでは物足りない

ローカルに染まりたい

「粋」なホストに会いに来た

 

Airbnbセミナー6

ちなみに「ローカルに染まりたい」の部分では、「出典:http://airlog.jp/」として以前ゲストとたこ焼きパーティーをした時の写真を使って頂きました。

そして

民泊とは単なるホテルの代用ではない!

部屋にはホストの個性が息づいてる

部屋が主役ではなくホストが主役という場合もある

ホスト無くして民泊はない、ホストの個性を活かしてこその民泊!

と普通にかなり良いことを訴えていて、聞いてて少し感動してしまいました(マジです)。

5分と短い中でも、民泊の魅力を伝えた素晴らしいスピーチだったと思います。

他にも気になったのが

他の方のスピーチで特に気になったのは「スペースマーケット」の代表、重松氏。

Airbnbセミナー15

実は先日開催した第2回We Love Airbnbのミートアップ香月夫妻と共催したエアログ初ミートアップはこのスペースマーケットを使ってイベント会場をレンタルしました。
非常に使いやすくて良いサービスだと思ってたのですが、まさか古民家やお寺、果ては映画館まで借りられるとは知りませんでした。

またお客さんから「このまま泊まれないの〜?」と聞かれることがかなり多いらしく、今後民泊事業に乗り込む予定だそうです。

そのあとの交流会は安定のぼっち!

第3部のセミナーも終了し、最後は1時間の交流会!
みなさん気になる方々と名刺交換を始めます。Airbnbセミナー10

 

まあ僕は名刺交換に目を暮れずAirbnbセミナー8

 

タダ飯・タダ酒を食ろうとりました。
安定のぼっち!誰からも話しかけられない!Yeah!Airbnbセミナー7

 

そして最後にエアログが爪痕を残す!

誰とも何もないまま地獄の1時間を過ごし、最後に閉会の挨拶として「Toravel.jp」を運営する株式会社ベンチャーリパブリックの取締役の方が、今回のセミナーを通して非常に興味深かった点・おもしろかった点を挙げてたのですが、「airlog.jpっていうのが気になりました、後で読ませてもらいます」といきなりエアログの名前出てきて左手のカツサンド落としました。

ソッコーで閉会後名刺交換させて頂きました。
なんとか爪痕は残せてよかったぜ。すごく嬉しかったです。

今後の民泊の動向に各業界も注目!

今回のセミナーに出席して、特に感じたのが各業界が「民泊」に強い関心を持っていたことです。
Sohtaroさんのスピーチ中、多くの人がスライドの写真を撮ったり、スピーチに反応してました。

やはり、メディアの報道ではなく、こういった実際に現場を運営する側の声が必要ということです。
もっとこのような、Airbnb(エアビーアンドビー)ホストさんの生の声を届ける場所があればな〜と感じました。

ともかく、非常に勉強となるセミナーでした。
Sohtaroさん、御誘い頂きましたことをこの場を持ってお礼申し上げます。

いつになく真面目なエアログるってぃでした!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

〜民泊関連事業者におすすめ!エアログで広告掲載〜

〜民泊関連事業者におすすめ!エアログで広告掲載〜 「エアログ」のパートナーになって一緒にAirbnb(エアビ...



  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

↑上に戻る