名称 1

Airbnbって自宅に外人泊めるんでしょ?危ない!と勘違いしてる人へ

こんにちわ。
Airbnb(エアビーアンドビー)の情報を配信しております、エアログのるってぃです。

Airbnbとは

空いてる部屋を貸して収入を得たい人、ゲストと交流を楽しみたい人はAirbnbにお部屋を掲載し、そしてお部屋に泊まりたい人、イベントなどで場所を借りたい人はAirbnb上で興味のあるお部屋を検索することができます。

Airbnbとはつまり「貸したい人」と「借りたい人」の両者をマッチングさせてくれるサイトです。

http://airlog.jp/airbnb/airbnb-merit/

そんなAirbnbを利用していて1番言われることを発表します。
それは『Airbnbって知らない外国人を自宅に泊めるんでしょ?怖くない?危なくない?』という言葉です。

冷静に考えてください。危ないのはどう考えてもゲスト側

ちょっと待ってください。普通に待ってください。
冷静に考えて、危ないのってゲスト側じゃないですか?
どう考えても不利なのゲストな気がするんですけど(もちろんホスト側が絶対安全というわけではないけど)、なんでAirbnbを利用するホスト側がさも危険な目に遭うみたいになってるんでしょうね。

不安を抱えながら見知らなぬ土地にやって来て、やっと見つけたAirbnb部屋が鍵閉まってたら一気に彼らは路頭に迷うわけです。

夜ゲストが寝てる間に何かしようと思えばできるし、土地の利を使えば一気にリンチかけることも難しくないと思うんです。
色々と総合的に考えれば、圧倒的に不利なのはゲスト側です。

ゲストも不安を持ってAirbnbを利用してることを忘れてはいけない

最近『民泊=外国人が出入りする・危ない・怖い』というような話を聞きます。
そしてAirbnbホストをしてると、メディアで民泊の悪い所が取り上げられるから、本当にイメージが悪いです。

『え?知らない外国人を自宅に泊めるんでしょ?危なくないの!?』

なんでこっちが被害を受けることしか頭にない前提で話をしてるんですか!
ゲスト側も部屋を探してる間、部屋に入る瞬間相当な不安や危機感を抱いてると思います。ましてや見知らぬ外国の土地では。

僕最近セミナーやコンサルで「Airbnbに興味はあるけど不安から今1歩踏み出せない」というような人とよくお会いするのですが、『いやいや自分の国に住んでるホストは有利ですから。危険なのは見知らぬ土地に来たゲストですから』と言うと『あ、そっか!』と何かが解きほぐれたかのようにみんなAirbnbを始めます。

たくさんの日本人が気づいてない部分なのかなぁと思います。
ゲストの気持ちも考えながら、Airbnbを楽しんでいきましょう!

  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: ↑上に戻る