人気記事

・テレビで民泊の民泊の現状を伝えました。日本はかなりヤバいと思います
・Airbnbコンサルするので代わりに炭水化物おごってください!
・スターウォーズ最新作をコスプレしてハリウッドまで観に行ったのに怒られた話

airbnbシェア

Airbnbを使ったモノを所有しない自由な生き方が当たり前になる

Airbnb(エアビーアンドビー)に関する情報を配信するブログ『エアログ』のるってぃです。

先日かなり興味深い記事を見つけました。これです。
「しばらくはAirbnbか彼女の家で」世界を変える起業家を生む街が持つ雰囲気とは?

以下おもしろいと感じた部分の引用です。

サンフランシスコに住む友達のRyanと飲んでる時に彼が一言。「今住んでるところ出なければいけないみたい。そんなに心配してないよ。しばらくはAirbnbか何人かの彼女の家にでも住んでChillするから。」

この発言はまさに現代の生活を表している。楽観的、所有しない、一つの場所に縛られない、はサンフランシスコを中心に若者達に広がり始めているライフスタイルである。

従来の生き方とは違う、新しいライフスタイルの台頭

lgf01a201501021800 2

 

「楽観的」「所有しない」「一つの場所に縛られない」という生き方。
最近「ミニマリスト」なんて言葉があるけれど、これがApple、Google 、Facebook、Airbnbなど名だたる企業が籍を置くサンフランシスコの街を中心に広まってる思考だとか。

[amazonjs asin=”4847093461″ locale=”JP” title=”ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -“]

カリフォルニアに住む僕たちのキーワードはYOLO (You Only Live Once). モバイルアプリやシェアリングエコノミーを活用して、自由気ままに一度しかない人生を楽しい体験重視で過ごしている。

生き方には人の好みはあるけれど、僕はこのようなライフスタイルをする人が今後増えていくと思うし、この生き方は理想の生き方だなと感じます。
そして世界を変えるような起業家がこの街で生まれるのはやっぱりこうゆう理由があって、日本ではまだまだありえないなと感じる次第です。

モノを所有しない生き方。シェアリングで全て賄える

013

 

高級車や時計を買って注目を浴びる、家を購入して頑張ってローンを返す、じっくり働いて出世する、などのライフスタイルには興味が無い。

僕も車とか家に『皆無』というレベルで興味無いんですよね。
最近賃貸とかオシャレな家を見ても「この家ならどうAirbnbを運してどれくらいの売り上げを立てられるか」とかばかり考えちゃいます。
自分が住むことを想像できないという←

結局家とか買っちゃうと「ローン返済」や「場所」に縛られちゃうような気がしてしまうんですよ。

一つのところに住まなくなってAirbnbで色々なところに住む体験をすれば良いし、Uberを使えば行けないところは無い。車が必要になればGet Aroundでそのときだけさくっと借りる。Macbook AirとカフェやCoworkingがあれば仕事だってできちゃう。なにも所有なんかしなくたって、ほとんどの事柄はシェアしあう事で解決できる。

Airbnb(住む場所のシェア)やUber(ライドシェア)などのシェアリングサービスの台頭によって、「無駄なモノは所有しない」「シェアで必要なモノを補い、モノに縛られず自由に生きる」というようなライフスタイルが今後は当たり前になっていくんだろうなと思いました。

モノはあなたを幸せにはしない

スクリーンショット 2016-06-01 11.53.15

以前ネットで話題になった『世界一貧しい大統領』として有名なムヒカ全大統領の、あまりにも深い話。

幸せとは物を買うことと勘違いしているからだよ。幸せは人間のように命あるものからしかもらえないんだ。物は幸せにしてくれない。幸せにしてくれるのは生き物なんだ

 

無駄遣いしたりいろんな物を買い込むのが好きじゃないんだ。その方が時間が残ると思うから。もっと自由だからだよ。なぜ、自由か?あまり消費しないことで大量に購入した物の支払いに追われ、必死に仕事をする必要がないからさ。根本的な問題は君が何かを買うとき、お金で買っているわけではないということさ。そのお金を得るために使った『時間』で買っているんだよ。請求書やクレジットカードローンなどを支払うために働く必要があるのなら、それは自由ではないんだ

 

君のように若い人は。恋するための時間が必要なんだ。子どもができたら、子どもと過ごす時間が必要だし、友達がいたら友達と過ごす時間が必要なんだ。働いて、働いて、働いて、職場との往復を続けていたら、いつの間にか老人になって、唯一できたことは請求書を支払うこと。若さを奪われてはいけないよ。ちょっとずつ使いなさい。そう、まるで素晴らしいものを味わうように、生きることにまっしぐらに

参考:http://buzzap.jp/news/20151025-jose-mujica-interview/

「結局モノはあなたを幸せにしてくれないんだよ」っつーことですよね。
日本に空き家が多いのはこれも関係あるのかもしれませんね。

これからは「体験」をベースにした生き方が必ず来る!

これからは従来通りの「モノを所有してナンボ」の生き方ではなくて「体験」をベースにした「シェアしてモノを所有しない自由な生き方」が来ると思います。
だからこそAirbnbは世界中で爆発的な人気を起こしてるんだと思うんですよ。スクリーンショット 2016-06-01 12.17.15

 

  • 世界中の国で暮らすように旅をする
  • そうすることでその国の文化を深く理解できるし、その家でしか味わえない体験ができる

今後Airbnbは「旅行」という目的で使われるだけでなく、上記のサンフランシスコの若者たちのような「自由に生きる」ために国内で家をシェアして生活するスタイルも増えていくんじゃないのかなと感じました。airbnborherhouse_0529_1-thumb-680x401-552174 2

 

シェアリングエコノミーを活用した「楽観的」「所有しない」「一つの場所に縛られない」という生き方が新時代すぎる。

ちなみに僕もリビングで生活しながら部屋はAirbnbで貸し大阪でゲストハウスもしながら代々木のパン屋をプロデュースし、パソコンがあればオンラインでどこでも仕事ができる。
という風に、サンフランシスコの若者の生き方に寄せているているところです。

死にそうになったら助けてください。

Airbnb読んでほしい

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます。

民泊の状況がよろしくないのでエアログを開放化します。Airbnbストーリーを寄稿ください

民泊の状況がよろしくないのでエアログを開放化します。Airbnbストーリーを寄稿ください みなさん、現在の日本における...

俺の夢は「Airbnbで出会った友達に会いに行く旅」に出ることだ!

俺の夢は「Airbnbで出会った友達に会いに行く旅」に出ることだ! こんにちわ!るってぃです。 先日クラウドファンデ...

外国人向けシェアハウス×Airbnbが最高すぎる件

外国人向けシェアハウス×Airbnbが最高すぎる件 こんにちわ、るってぃです。 先月、「東北をAirbnb使って...

1週間でクラウドファンディング30万円達成!Airbnb Open行ってきます!

1週間でクラウドファンディング30万円達成!Airbnb Open行ってきます!   &nbs...

Airbnbのおかげでできた夢、クラウドファンディングに挑戦します!

Airbnbのおかげでできた夢、クラウドファンディングに挑戦します! 今日も元気にこんにちわ! エアログのるって...


Airbnbに関する質問があればLINE@・お問い合わせからどうぞ

最新のAirbnb情報、ワーク・ライフスタイルに関する最新情報をLINE@で配信してます。 Airbnbなどに関するご質問あれば、LINE@からメッセージ頂いた方が返信しやすいです!

line

【お問い合わせページはこちら】


オススメセレクション!

・Airbnbで暮らすように旅をしよう!3,500円分のクーポンゲットをしよう

・空いてる部屋を活用しない?Airbnbホストにれば11,000円分のクーポンが貰えます

・【全ホスト必見】民泊WiFiがAirbnb運営に最適な7つの理由

・限定情報を配信するるってぃのLINE@はもう登録した?

・固定回線を引くべきAirbnbホストの特徴と、オススメネット回線まとめ

エアログ人気記事

・Airbnb運営ノウハウを日本一分かりやすくまとめたよ!

・Airbnbで群馬のおもしろ物件泊まってみたら最高だった

・それでもAirbnb始めますか?民泊許可物件は気休めでしかないですよ

・Airbnbとは?ホテルより民泊を使う4つのメリット

・スターウォーズ最新作をコスプレしてハリウッドまで観に行ったのに怒られた話
  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: ↑上に戻る