13844253_1120338784706461_633988061_o

財布落として一文無しになったが札幌のAirbnbホストさんに助けられた

Airbnbの可能性を探る8日間の北海道の旅。

洞爺→夕張→札幌と来ました。
Airbnb北海道コミュニティリーダー石黒さんの家に宿泊し、
IMG_9967

 

朝から子供たちと遊んで幸せな日曜日を過ごしました。
IMAG3145

 

幸せな気持ちでチェックアウトし、次の土地に向かいます。
13844253_1120338784706461_633988061_o

 

がこの5分後地獄に落ちます。
13844253_1120338784706461_633988061_o

 

7万円入った財布を落とし一気に一文無しへ

石黒さんたちと別れ、ローソンで公共料金の支払い関係を済ませようと思ったら、ない。
この旅において最も大切なものがない。

そう、後ろポケットに入れたはずの財布がない。

この意味が何を成すか知ってますか?

終了です。

そう、旅において財布がない=終了の意味を現すのです。
実はこの後の予定と致しましては、レンタカーを借りて富良野爆走やゲストハウス突撃、さらにはPairs(ペアーズ)を駆使した北海道の女の子のお家お泊まりなどの企画を考えていたのですが、全て財布落としたことによりパァに。

先ほど笑顔でさよならした石黒さんにソッコーでメールします。

スクリーンショット 2016-08-02 11.55.28

 

わざわざ戻って来て頂き捜索を手伝っていただきました泣
本当にありがとうございます。
警察や駅の忘れ物センターで1通りの手続きを出し、後はお届けの知らせを待つのみ。

親切な札幌のAirbnbホストさんが助けてくれた

IMG_0044

 

そしてこの北海道滞在中、札幌のホストさん限定であの『Airbnb炭水化物コンサル』を復活させたのですが、そのアポイントがこの後1件入ってました。

財布無くしたせいで1時間も遅れてしまったのですが、心よく迎え入れてくれた絢子さん。
そして社長の大祐さん会長さん。本当にありがとうございます。

ガチ一文無しなのでお昼に炭水化物のバイキングを奢って頂き、ここは真面目にAirbnbコンサルさせて頂きました。
コンサル中は集中してたので忘れてたんですけど、後で財布無くしたこと思い出して死にたい気持ちになりました。

そしてPairsを駆使して北海道の女の子の家に突撃する予定だったので、急遽宿無し一文無しに成り下がった僕だったのですが、空いてるAirbnb部屋の一室に宿泊させて頂くことになりました。それも2泊も!!!!!

なんていう仏の心を持ったホストさん達なんだ。ホスピタリティー半端ない。
これがお世話になったお部屋なんですが、オシャレすぎ、1人じゃ持て余しすぎで笑いました。
IMG_0045

 

IMG_0042

 

IMG_0037

 

IMG_0040

 

さらにその夜、仕事終わりの大祐さんと絢子さんがビアガーデンに誘ってくれました!
もう泣きそう。泣いた。もう財布落としたことなんて忘れた。
IMG_0014

 

本当にこんな馬の骨よくわからないやつによくしてくれて、北海道のAirbnbホストさんの暖かさを感じました!
IMG_0018

 

暖かいAirbnbホストの気遣いにただただ感動

2人は今法人として北海道のお部屋を中心に運営を代行してるそうです。
絢子さんが気にかけてたのが、他の北海道のホストさんから「嫌煙されてるんじゃないか」だそうです。

確かに地方ほどホームシェアリングの風潮は強いですからね。人数も狭まるし。

けど僕は2泊して2人と感じたのは代行会社さんとは思えないホスピタリティーでした。
朝8時からゲストさんを乗せて一緒に富良野を観光したり、基本的に空港や最寄り駅まで送迎したり。
何より絢子さんも大祐さんも旅好き、留学経験もあって、ゲストとの交流を超楽しんでる!

これだけのホスピタリティーを持っていれば、普通にええやん!オールオッケーしょ!!と僕は言いたい。

やっぱり北海道だからか、東京とはホスピタリティーのレベルが違いますね。
鍵ポストにいれてはい終わりみたいなのは絶対にしたくないそうです。

1日大反省し、クラウドファンディング挑戦へ!

そんな僕は翌日、大反省の意味も込めて(てゆうか何もできない)、1日お借りした部屋に引きこもり、仕事に集中しました。
するとこんなに楽しく充実した北海道の旅をしてきたのに、ここにきて財布を落とした自分に対して、怒りとか悲しみとかよくわからない感情が押し上げてきました。

『このままで帰れるかよ… !』

というわけでクラウドファンディングを始めることになりました。
その名も『北海道で現金7万入った財布を無くしたので取り戻し、夕張復興の渡航費に企てたい!』
スクリーンショット 2016-08-02 13.03.24
なぜクラウドファンディングをするのか、そこらへんの想いはこちらの記事に詳しくまとめたので是非お読みください。
現金7万円入った財布を無くしたのでクラウドファンディングで取り戻します!

 

ただ財布を落としたのは全然面白くない、ならクラウドファンディングに挑戦して『全然集まらんかったわ〜わははは』と10年後酒の席でネタにしたい!と思い、プロジェクトを出してみました。

結果、プロジェクト開始4時間で目標金額の70,000円をサクセスし、244%超えで総額171,333円、30名の支援者の方からご支援を頂きました。
スクリーンショット 2016-08-02 13.12.12

 

みんな大丈夫?????

なんとか無事に東京に帰れそうです!

絢子さんにしっかり現金1万円を借り、クラウドファンディングも成功したのでなんとか無事に東京に帰ってくることができました。
るってぃのゴキブリ並みの生命力「やられたらやり返す精神」を見せつけました。

ちなみに絢子さんは旅好きで、今回るってぃのクラウドファンディングを見て、「これでもいいんだ」と感じてもらったらしく、絢子さんもキャンピングカー購入のためクラウドファンディングに挑戦するそうです!

みんながキャンピングカーで旅してほしいそうです。

そう感じてくれてめちゃくちゃ嬉しい!!!
「お金がない」を言い訳にして欲しくないですからね〜!クラファンの敷居は僕が下げといたんで、皆さんどんどん挑戦して夢を叶えてください。

そんな2人のアカウントはこちらです。

本当にありがとうございました〜!IMG_0015

 

そして次回ついにエアログ北海道編最終章!!
お楽しみに!

こちらの記事も合わせて読まれます

・ゲスブロガーの母はゲスなのか洞爺湖の実家に泊まって検証してきた
・財政破綻した町「夕張」で、未来の日本の縮図を見た【前編】

・Airbnbで夕張に3日滞在し、忘れていた童心を取り戻した【廃校保健室】
・8回目の北海道もAirbnbを使って宿泊したら見えた景色が違った

Airbnb読んでほしい



  • この記事を書いた人
るってぃ
るってぃ

『エアログ』作った張本人。プロ無職。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。
Airbnbを利用したパン屋再生・地方復興など、自称「エアビーで遊び倒すプロ」。
詳しいプロフィールはこちら
■お問い合わせはLINE@で!
■働き方メディア『ここから!』運営中

タグ: ↑上に戻る