air_logo (1)

Airbnbブログ『エアログ』とは?

エアログとは月間5,5万人の方に読まれているAirbnb(エアビーアンドビー)ブログです。

Airbnbとは「空いてる部屋(家)を貸したいホスト」「空いてる部屋(家)に泊まりたい人」をマッチングさせる最新シェアリングサービスです。
Airbnbについて詳しく知り人はこちら。
airbnb-a8707ed9_original

 

Airbnbを通しての人との繋がりや交流体験の楽しさ・奥深さにエアログは完全に魅了されてしまいました。

そしてこのAirbnbブログを立ち上げました。
エアログは「Airbnbを徹底的にHACKし、体験した情報をブログにておもしろおかしく発信する」ブログです。

エアログのセミナー・メディア出演実績はこちら

エアログはAirbnbに関するおもしろ体験談や情報をブログ記事にして発信しております。

現在「Airbnb  ブログ」で検索すると、法律的なリスクや稼ぎ方、ノウハウをメインに紹介するブログがほとんどです。
Airbnbの本質的な魅力は「そこに集まる人との交流と体験」にあるとエアログは考えます。

言葉も文化も異なるゲストとの交流や、ホストをされてる方の家に泊まりに行くことで、Airbnbというサービスの本来の楽しさや魅力をもっと多くの方に認知してもらい、健全な民泊のあり方や、日本人が異文化と触れ合うことの大切さを伝えます。
とはいえかなりふざけます。

【Airbnbおもしろホストの家泊まってみたシリーズはこちら】tile

 

エアログはAirbnb初心者や、まだ利用したことない人向けの使い方・ノウハウ・入門情報もブログにて配信しております。

ブログ内ではふざけた記事だけではもちろんやってけないので、たまには真面目なことも書きます。
Airbnbのノウハウや使い方など、エアビー初心者にも分かりやすいようにブログで紹介してます。

Airbnbノウハウ記事はこちら

エアログは読者も参加できるAirbnbに関する様々なイベントを企画しますし、参加します。

Airbnbの情報をブログで紹介するだけでなく、Airbnbに関する様々なイベントも参加・企画しております。
ミートアップや交流パーティー、勉強会に参加した様子もブログ記事として紹介しております。

読者も参加できるのでAirbnbの情報を知りたい・聴きたい・お話したいという方も是非どうぞ!。

【Airbnbイベントに関する記事はこちら】

エアログAirbnbを通して世界中の人々と繋がりたい方を本気で応援しています。

Airbnbのコンセプトは「暮らすように旅をする」
現地の人々の家に宿泊することで、その国の文化やローカルな部分を体験することができます。
「泊まって終わり」のホテルでは絶対に味わえない体験ができます。
悲しいことに日本では、Airbnbというサービスはまだまだ認知されていません。

エアログはAirbnbの魅力をブログで発信し、興味をもってくれた人を全力で応援します。

コンサルサービスも行ってるのでお気軽にお問い合わせください。

エアログは地域の活性化を目指しています。

Airbnbを利用しているユーザーは日本では現在都心を中心に増えてますが、地方はまだまだAirbnb物件が少ないのが現状です。
そんな地方でのAirbnbユーザーを増やし、その地方ならではの魅力や観光スポットを観光客に伝えることで、地域活性化につながると考えております。
地方には都心部にはない大きな強みがたくさんあります。

そんな地方からのパワーのあるユーザーもエアログは応援します。

⑥なんせエアログは面白いことがしたい!

エアログの理念や発信してる記事に共感しくれた人。
なんやこいつらおもしろそうやなと少しでも思ってくれた人。
エアログと一緒にAirbnbや民泊を盛り上げたいと思った人。
世界中に日本の魅力を伝えたいと思った人。

一緒にやっちゃいましょう!

このAirbnbブログを開設して日本中色んな人と繋がることができました。
エアログはこれからもムーヴメントをおこして行く予定です。エアログはみんなが驚くような、笑ってくれるような面白いことが大好きです。

一緒に仕事しませんか?
面白いことしませんか?

様々なコラボ記事、取材依頼、おもしろPR記事執筆なども承ります。

お仕事の依頼・ご相談はお問い合わせから

エアログお問い合わせ

エアログでブログ記事を書くライター

るってぃ

IMG_5710

 

エアログ作った張本人。
音楽室の壁の穴の数を数えることくらいしかやってこなかったが、ニューヨーク留学をキッカケに外国人と触れ合う楽しさを知る。

ケンタロック

IMG_5708

 

酔拳/ 囚人番号14番 /ヌードモデル/業火の使い魔など、その天然から数々な異名と伝説を持つ。
よく使う英語は、「 My father is a teacher」

↑上に戻る